交通事故を引き起こしてしまうと必ず逮捕されてしまうの?

車27

交通事故を引き起こした直後は被害者が無事なのかがまず心配になりますが、それからしばらくたつと、自分がどうなるのかということが心配になるものです。警察がきて逮捕されるということであれば、刑務所に入らなくてはならないのか、その場合、現在の勤務先はやめなければならないのかとどんどん不安が膨らんでいくでしょう。

しかし、逮捕されるかどうかは状況次第で、交通事故を起こしたら必ず手錠をかけられるとは限りません。

過失がなければ基本的に逮捕されない

交通事故を起こしたことによって、警察に逮捕されてしまうのか、それとも逮捕されずに済むのかという分岐点はどういったものになるのでしょうか。まず、信号無視をした結果、人身事故を起こした、あるいは飲酒運転をして人をはねてしまったなど、明らかに事故現場で過失が認められた場合は、ほぼ間違いなく逮捕されます。

また、事故を起こすまではまったく違反行為はなかったものの、人身事故を起こしてしまい、怖くなってそのまま逃げてしまったという場合も、救護義務違反ということで警察に追跡され、最終的には逮捕されてしまいます。

つまり、相手が死亡したか、それともけがで済んだかといったことは関係なく、過失があって事故を起こしたか、事故後、法律違反行為を行えば、手錠をかけられてしまう可能性は極めて高いということです。交通事故を引き起こしても逮捕されずに済むケースとしては、まず、事故の内容が軽微な物損事故だった場合が挙げられます。

たとえば、渋滞中、前の車に追突してしまった、あるいは駐車中の車の脇を通ろうとしたら誤ってぶつけてしまったといったケースです。事故処理をしなければならないので警察を呼ぶことにはなりますが、事情を聞かれるだけで逮捕されることはありません。

もちろん、警察を呼ばれて恐ろしくなり、警官が到着する前に逃げたりすれば逮捕される可能性が出てきてしまうので、パニックにならないようにしましょう。事故の結果、相手は亡くなってしまったが、事故の原因は相手の過失にあるという場合も、逮捕される可能性は低いです。

たとえば、赤信号なので止まったら、後ろから走ってきたバイクが自動車後部に追突し、その結果、バイクを運転していた人が亡くなったといったケースです。ただ、逮捕はされなくても、警察に事情を聞かれることにはなるので、任意の事情聴取という形で警察署に行かなければならなくなるかもしれません。

任意なので断ることは可能ですが、可能な限り、事情聴取に応じて状況をきちんと説明した方がいいでしょう。それは、自分自身の立場を守ることにもつながります。かなりレアなケースですが、交通事故の被害者になったが、そのあと、警察に逮捕されてしまうということもあり得ます。

たとえば、ひったくりなどをして追いかけられ、逃げている途中に車にはねられてしまったといったものです。

こういう場合、交通事故の被害者になったから、ひったくりの罪が消えるということには絶対なりません。病院で治療が行われたあと、回復次第、逮捕ということになります。

逮捕されたらその時点で前科がついてしまうのか

では、逮捕されると必ず前科がつくのでしょうか。これは必ずしもそうとは限りません。事件の加害者になって、前科がつけられるかどうかというのは、起訴されるか否かによって変わってきます。もし、検察官によって不起訴処分が下された場合は、裁判にかけられることはなく、そのまま釈放です。

では、どういったケースなら交通事故を引き起こしても不起訴になるのかというと、まず、被害者にけがをさせてしまったものの、そのあと、被害者との示談が成立したというものが挙げられます。つまり、被害程度が軽く、被害者が加害者の謝罪を完全に受け入れているといったケースでは、わざわざ裁判にする必要はないと検察官が考え、不起訴にすることが多いのです。

もし、被害が軽かったとしても、加害者が被害者にまったく謝罪しておらず、加害者の被害者に対する処罰感情が非常に強いという場合は起訴されてしまい、仮に執行猶予処分になっても前科はついてしまうので、事故を起こしたら被害者に謝罪することが非常に重要です。

できれば、すぐにでも弁護士に相談して、被害者との間に入ってもらうようにしましょう。なぜ弁護士の力が必要になるのかというと、被害者との示談というのは、最終的に必ずお金の話になるからです。どれぐらい、被害者に支払えば納得してくれるのか、また、きちんとお金を払ったにもかかわらず、そのあともなにかと被害者にお金を要求されるといった事態は避けたいという場合、弁護士の存在は非常に有用なのです。

起訴されて裁判ということになったら

事故後に逮捕され、示談交渉をしてみたもののうまくまとまらず、起訴されてしまった場合はどうなるのでしょうか。その場合は、被告として裁判に出廷しなければなりません。裁判は一般に公開されるので、まったく知らない人たちに自分が法廷にいる姿を見られるかもしれませんが、交通事故の裁判というのはまったく珍しいものではないので、傍聴人はほとんどいないでしょう。

また、加害者として事故を起こしたことをすべて認めているのであれば、殺人事件の被告のように、何カ月にも渡って何度も出廷しなければならないといったことはなく、すぐに結審して判決が下されます。その結果、被害者にけがを負わせた事故であれば刑に執行猶予がつき、刑務所に入れられることなく、社会復帰が可能になるでしょう。

ただ、以前も飲酒運転や信号無視で人身事故を起こしていたという場合は、執行猶予がつかない判決を下されることもあります。原則、執行猶予がつけられるのは初犯に限られ、事故を繰り返して起こすような人には裁判官は厳しく臨むからです。

したがって、以前、事故を起こして逮捕されたという経験がある場合は、くれぐれも再び事故を起こすことがないように注意しなければなりません。

逮捕されると、そのことを家族や会社に絶対に知られるのか

交通事故を起こして逮捕されてしまった場合、家族や会社に知られてしまうのでしょうか。まず、家族に対しては確実に警察から連絡がいくので、間違いなく知られてしまいます。会社に対しては警察が勝手に連絡をするということはありませんが、逮捕されて二週間から三週間近く拘留されれば、その間、会社には行けないので、最終的には知られる可能性が高いでしょう。

逮捕されたら不起訴処分になっても社会から白い目で見られ続けるかもしれない

交通事故34

交通事故を起こして逮捕されたからといって、必ずしも刑務所に入れられるとは限らず、会社を解雇されるとも限りません。ただ、社会から非難され、加害者に恨まれてしまう可能性はあります。そうすると、その後の人生が非常に生きづらいものになってしまうので、交通ルールをきちんと守って運転するようにしましょう。