すぐに実践できる!交通事故は対策次第でリスクを下げられます

車34

交通事故が発生するのは自分が運転している時だけではないです。外を歩いている時にも発生する可能性があるので、油断しないことが大事です。それでも、対策次第でリスクを下げられるため、交通事故の被害者や加害者になるリスクを低くしたい場合は、すぐに実践しましょう。

歩行者側と運転手側で有効な対策は同じものもあれば、違うものもあります。

対策を立てて実践した方が未来は明るくなる

車は身近で手軽な移動手段として多くの人々に利用されています。目的地に訪れるだけならバスや電車でも可能ですが、たくさん買い物をしたい時は車がベストです。荷物を積むことができるので、運搬するための手段としても利用価値は高いです。

特に、都市部よりも過疎化が進んでいるエリアに住んでいる人は、車がなければ生活に大きな影響を及ぼします。また、バス会社やタクシー会社に運賃で儲けを出している場合もあれば、営業担当者が顧客先を訪問する手段に利用している場合もあります。

このように、車は個人と法人のどちらにとっても必要不可欠な物と言えます。しかし、年齢や性別に関係なく、毎年交通事故で怪我を負ったり、命を失ったりする人がいます。車がある限り完全に無くすことは難しいでしょうが、ただ車を運転したり、外を歩いたりするよりは、対策を立てて実践する方が安全に過ごせる分、未来は明るくなります。

歩行者は横断歩道を利用しましょう

交通事故のリスクを下げる対策は、歩行者側と運転手側で検討することをおすすめします。まず、歩行者側は横断歩道を利用するようにしましょう。横断歩道は、歩行者が道路を安全に移動する目的で設けられているため、何もない場所を横断するよりも交通事故に遭うリスクを下げることができます。

ただ、横断歩道があるからといっていつでも横断可能なわけではありません。赤信号の時に優先されるのは車なので、きちんと青信号に変わってから動き始めるべきです。また、青信号に切り替わってすぐに進むのは止め、必ず左右を確認することがポイントです。

万が一、信号機を無視した車に気付かなければ、交通事故に遭ってしまいます。この場合、車の運転手が悪いのは事実ですが、歩行者が左右を確認していれば、交通事故に遭わずに済んだ可能性があります。注意したいのは信号機のない横断歩道を利用する際です。

このようなケースでは、車側が一時停止をするルールとなっています。しかし、ルールを守らない運転手は少なくないため、左右を確認しないまま渡ってしまうのはリスクが高いです。ルールを守らない運転手に対して憤りを感じる人は多いでしょうが、自分の身を守るうえで左右の確認は必須です。

車の運転手は歩行者がいるかもしれないと考えよう

車の運転手側に必要な対策は、歩行者がいるかもしれないと考えることです。運転席から見える景色は車種によって異なりますが、全ての角度を自由自在にチェックできるわけではないです。たとえば、運転席側や助手席側の情報は目視やサイドミラーで確認できますし、後方の情報はバックミラーでわかります。

しかし、車高の高い車種を選んでしまうと、前方が見え辛くなる場合があります。また、バスやトラックは車体が長い分、チェックすべき情報が多くなるので、見落としてしまうと右左折する際に巻き込みによる交通事故を起こす確率がアップします。

そんな時は、歩行者がいるかもしれないという意識を持って運転するようにしていれば、丁寧にチェックしたり、スピードを落としたりなど、安全に運転できるようになります。さらに、急に人が飛び出してくるかもしれないという意識を持つことも大事です。

道幅が狭い住宅街や商店街は、予想していない場面で人が飛び出してくることがあります。反応してブレーキを踏み、交通事故を防ぐためには万が一の状況を想定し、スピードを落として運転しましょう。

急いでいる時だからこそ安全運転を心掛ける

仕事で忙しい時や待ち合わせに遅れそうな時は、ついスピードを出して運転することがありますよね。法定速度を少しオーバーするくらいなら大丈夫という甘い考え方は、交通事故を起こすリスクを高めます。運良く何も起こらなかっただけで、同じ運転を続ける限りリスクは高いままです。

急いでいる時だからこそ安全運転を心掛けるようにしていれば、交通事故を起こすリスクは低いです。遅れたことで不利益を被ったとしても、早く行動しなかった自分の責任なので、次からは反省を活かして5分前や10分前行動をしたり、準備に時間をかけたりなどで対策できます。

急いでいる時は普段よりもスピードを出しやすいだけではなく、頭の中で遅れた場合の対処法や行動を考えてしまうため、運転時の集中力が低下します。すると、信号機や歩行者の見落し、強引な右左折など自分勝手な運転になり、交通事故に繋がります。

ですから、どうしても間に合わない状況になった際は、目的地まで急いで移動する以外の方法で対処すべきです。その方が物事を冷静に考えられる分、上手く乗り切れる可能性は高いですし、安全運転で移動できます。

譲り合いの精神を持つことが大事

交通事故41

歩行者と車の運転手の両方が譲り合いの精神を持つことは、交通事故の発生を抑制するための効果的な対策です。どちらか一方が強引に行動してしまうと、それがきっかけで交通事故が起こったとしてもおかしくないです。

また、お互いに譲ることなく、道路を自由に走行したり、横断したりすることも交通事故が起こりやすい状況です。しかし、両方が道を譲り合う精神を持っていれば、強引な横断や発進、スピード違反の運転手は少なくなります。

そうすれば、確実に交通事故の発生件数は減り、悲しむ人よりも楽しい人生を過ごす人が増えます。ただ、自分勝手な行動をしている歩行者や運転手を見かけると、腹が立ったり、イライラしたりすることはあるでしょう。そこで、直接本人に不満を言ってしまい、トラブルに発展するケースは珍しくないです。

何としても本人に伝えたい時は、怒りの感情はあったとしても声を荒げるのは止め、冷静に伝えることが重要です。しかし、いくら不満を感じていたとしても、関わりのない人に話しかけるのは勇気が必要です。そんな時は、様子がおかしいと感じる歩行者や車から離れる対策が効果的です。

距離を取るだけで交通事故のリスクは低くなるので、不満を本人に伝えることだけが正しい行動ではありません。